イラストを描いてほしいけど、制作のギャラっていくら払えばいいの?

 

「ウェブサイトの商品説明にマンガを使いたい。」

「ブログのアイコンやアイキャッチにイラストを使いたい。」

など、イラストが使われる機会は増えてきました。

 

ですが、いざイラストレーターに依頼をしたいと思っても、その制作料金については、なかなか想像がつかないものだと思います。

この記事では、イラスト制作料金の設定方法について、ご紹介します。

 

イラストだって時給や日給計算が一般的

 

一般的に、イラストの制作料金は時給や日給で換算されることがとても多いです。

普段、絵を描くことが余りない人にとっては、「イラストを描くのに、時給や日給計算ってどういうこと?」と思うかもしれませんので、詳しく解説します。

 

例えば、SNSのアイコンに使うイラストを描いてほしいという依頼があったとします。

この時、どんな内容でどんなタッチのイラストかなど、詳細を聞いた後に、「このアイコンを描きあげるのに何時間、もしくは何日かかるかな?」とイラストレーターは考えます。そこから、制作にかかる制作基本料金を決めます。

 

『制作にかかる時間・日数 × 本人の定めた時間給/日給 = 制作基本料金』

 

この計算は、依頼から納品までの期間ではなく、あくまで純粋に制作のために手や頭を動かしている時間のみを想定しています。ラフ確認の返信待ちなどの時間は含まれません。

ここに顔を合わせての打ち合わせなどが入ると、その交通費と、打ち合わせの拘束時間分の時間給が加算されるのです。

 

『制作基本料金 + 交通費 + (打ち合わせ時間×本人の定めた時間給) = ご請求額』

 

となるわけです。

更に、最初のオーダーになかった内容が、制作の途中で加えられた場合、その追加分のアイテムなどを描き加える時間については、追加料金を加算することとなります。

 

イラストと言えど、「拘束時間や作業時間 × 能力や実力」でお給料を頂くというところは、会社勤めやアルバイトと似ていますね。

 

ですので、細かい描写のあるイラストや、背景イラストなど、制作に時間がかかるようなイラストの場合は、その分料金が増えていくわけです。

 

仕上がりサンプルがないとわからない…

「基本的な計算方法はわかったけど、実際にどのくらいのクオリティや描きこみのイラストで、どのくらいの料金になるのか、目安がわからない。」と思う方もいらっしゃると思いますので、当アトリエもみじでの制作料金目安とサンプルをご紹介します。

デフォルメイラスト 1枚 \1,500~

デフォルメされたイラストは、わかりやすくしたり、親しみやすくして訴求力を上げる効果があり、アイコンや商品説明イラストなどに向いています。

かわいい、シンプル、男性的などなど、様々なタッチに対応可能です。イメージをお知らせください。

※上記料金は、デフォルメでメインキャラバストアップ、背景はべた塗りまでで制作した場合の料金目安です。描きこみの細かさによって変動致します。

※マンガ制作もご相談ください。

 

リアルタッチイラスト 1枚 \20,000~

書籍の表紙や挿絵など、絵画的な使用に向いています。お部屋に飾る用の絵としてもご利用いただけます。

※上記料金は、人物のみでバストアップ、背景なしで制作した場合の目安です。描きこみの細かさによって変動致します。
アナログ作成も対応可能です。(色鉛筆、水彩、パステル対応)アナログの場合は\50,000~(人物のみでバストアップ、背景なし)となります。
複製画のご用意もございます。

 

※また、先にも書いた通り、この制作基本料金は手や頭を動かしている時間のみになります。ラフ確認の返信待ちなどの時間は含まれませんので、ご安心ください。

 

逆に予算内で依頼はできるの?

 

はい、ご予算内での制作も可能です。

イラスト発注に慣れている出版社さんなどからのご依頼は、このケースが多いです。

この場合は、先に解説した制作基本料金の計算法から、

『ご予算 ÷ 時間給/日給 = 制作にかける作業時間』

という計算方法でご予算に合わせたイラストをご提供致します。

※ただし、現在のところ業務量の調整のため、1点\3,000~とさせて頂いております。それ以下のご予算の場合はお受けできませんので、ご了承ください。

 

個人でも依頼はできる?

はい、個人の方もご依頼いただくことが可能です。

個人の方からのご依頼は、トラブルを避けるため、料金は先払いで頂いておりますのでご了承ください。

キャンセルについて

やむを得ず依頼をキャンセルした場合ですが、制作をスタートしてしまった後はキャンセル料がかかりますので、ご了承ください。

 

まずはお気軽にご相談ください。

 

おすすめの記事