イラスト制作の依頼は意外とハードルが高い

SNSのアイコンやヘッダー、ゲームのオリキャラなど、個人の方でもイラストを描いてもらいたいと思う場面は増えてきていると思います。

ですが、

  • イラストを描いてほしいけど、素人の人にお願いするのは少し心配
  • プロにお願いしたくても、依頼の方法がわからない
  • そもそも個人の依頼を受けてくれるの?
  • 値段は?
  • やり取りが面倒

など、誰かにイラストを描いてもらうのには心配ごとも多く、ましてプロにお願いするとなると更にハードルがあがるものですよね。

 

実際、プロに個人がイラスト依頼をできるのか?

もちろん、個人の方からの依頼を受け付けていないイラストレーターもたくさんいらっしゃいますが、当アトリエもみじでは「コミッション」という形で、個人の方からも依頼を受けています。

※コミッションとは、個人間で行われる有償のリクエストのことです。

 

なぜ個人からの依頼を受けるのか、その思い。

私が個人の方からも依頼を受けるのは「もっと手軽に、個人でもイラストを楽しんでほしい」という思いからです。
ですが、そのためには安く提供する必要があって、採算を考えるとなかなか値段を下げられないことが長年ネックでした。

その長年の悩みを解決したのが「skeb」というイラストコミッションサービスです。

skebを介することで、個人の方からの依頼を、安く受注することが可能になったので、個人依頼もお受けできるようになりました。
この金額を実現するために色々とルールはありますが、かなり安くしています!

 

skebを使ってイラスト依頼をするときの、メリットとデメリット

まずはskebで依頼をした場合の、メリットとデメリットをご説明します。

メリット

 

  • とにかく手軽!
  • 通常依頼よりかなり安い

コミッションでイラストの依頼をするときに、依頼者側が一番大変なのは、その手間だと思います。
値段交渉から始まり、依頼内容を伝えるためにDMを何往復もしなくちゃいけなかったり…。
ですが、skebを通して依頼をすると、やり取りは、最少で「skeb上で予算とリクエスト内容を送る→納品される」の1往復だけで済みます。

また、支払方法が選べるというメリットもあります。
そして通常依頼より安い!!
これは何よりうれしいですよね^^

例えば、通常依頼で顔アップのアイコンイラストを制作する場合、デフォルメイラストで\5,000~、アニメ塗り・厚塗りで\8,000~としておりますが、Skebからだと顔アップのイラストは\3,000~\5,000ほどでお受けしています。

デメリット

 

  • メリットである手軽さが逆にデメリットになる場合がある

 

例えば、

質問・見積もり・打ち合わせ・リテイク・リクエストに関する一切の連絡が禁止だったり、納品日の指定ができないなどです。

これらデメリットになりうる項目は、あくまで安くご提供するために必要なものです。
詳しくはSkebのクライアントガイドラインをお読みください。

事前相談なしでもイメージ通りのイラストを手に入れるには

いくら安いとは言っても、事前の打ち合わせや修正が一切できないというのは不安ですよね。
けど、「安く済ませたい」のも本音。

事前の相談がなくても、修正ができなくてもSkebを使ってイメージ通りのイラストを描いてもらうには、欲しいイラストのイメージを確実に伝える必要があります。
その方法も記事にまとめましたので、詳しくは下記記事をご参考ください。

skebを利用したご依頼の前に

まずはskebクライアントガイドラインを必ずお読みください。
明らかに読んでいないと思われるものはリクエストを承認しない場合があります。

イラストコミッションでの料金目安

Skebからコミッションを依頼した場合の、料金目安です。

あくまで「この値段だとこのくらいの描きこみ量のイラストになりますよ」という目安です。ポーズを指定するものではありません。

依頼金額と依頼内容が作業量と見合っていない場合、描きこみ量で調整します。必ずしもリクエスト通りの内容(描きこみ量やアイテム数)になるとは限りません。

逆に言うと「この金額では描いてもらえないのでは、失礼になるのでは」と思っても、予算内で描きこみ量を調整しますので、ご安心ください。お気軽にどうぞ。

とは言っても、ご自身で絵を描かない場合は、「描きこみ量って何?」となると思いますので、参考までに。
描きこみ量=線の数とも言えるので、

  • 顔アップより全身の方が大変
  • 背景なしより背景ありの方が大変
  • ショートカットよりロングヘアの方が大変
  • 装飾のないワンピース一枚より、フリフリレース盛りワンピースの方が大変

これだとイメージしやすいでしょうか。
ですので、同じ女の子の顔アップだったとしても、ショートカットTシャツの場合よりも、クルクルヘアでロリータファッションの場合の方が予算が高くなります。

プロですので、頂いたご予算分は責任を持って働きます。

修正ができないのはイヤ

もし修正や事前の相談ができないのはイヤだという方は、直接ご依頼ください。

おすすめの記事