イラストサンプル

イラストを描いてほしいけど、制作のギャラっていくら払えばいいの?

「ウェブサイトの商品説明をマンガにしたい。」
「ブログのアイコンやアイキャッチにイラストを使いたい。」
「お店のマスコットキャラを作りたい。」

など、イラストが使われる機会は増えてきました。

ですが、いざイラストレーターに依頼をしたいと思っても、その制作料金については、なかなか想像がつかないものだと思います。

この記事では、

  • イラストの相場
  • 一般的なイラスト制作料金の設定方法

についてご紹介します。

 

イラストの相場って?

このようにイラストレーターのスキルや経験、発注の条件によって料金は変わってくるのですが、日本イラストレーター協会さんの記事では、このように書かれています。

モノクロイラストで1点あたり3,000円〜5,000円、カラーで5,000円〜10,000円というところが相場です。料金はイラストのタッチ、イラストレーターの知名度、クライアントの規模、使用媒体、使用期間、発行部数、使用サイズなど総合的に判断して決めていきます。

自分の経験上、こちらの相場で出されている金額は、カットイラスト(紙面やweb上で使われる小さい挿絵)の相場かなという相場感です。
ここから、使用用途やサイズなどで条件はどんどん変わっていくと思います。

イラストだって時給や日給計算が一般的

一般的に、イラストの制作料金は時給や日給で換算されることが多いです。
普段、絵を描くことがない人にとっては、「イラストを描くのに、時給や日給計算ってどういうこと?」と思うかもしれませんので、詳しく解説します。

例えば、SNSのアイコンに使うイラストを描いてほしいという依頼があったとします。

この時、どんな内容でどんなタッチのイラストかなどの詳細を聞いた後に、「このアイコンを描きあげるのに何時間、もしくは何日かかるかな?」とイラストレーターは考えます。そこから、制作にかかる制作基本料金を決めます。

『制作にかかる時間・日数 × 本人の定めた時間給/日給 = 制作基本料金』

この計算は、依頼から納品までの期間ではなく、あくまで純粋に制作のために手や頭を動かしている時間のみを想定しています。ラフ確認の返信待ちなどの時間は含まれません。

ここに顔を合わせての打ち合わせなどが入ると、その交通費と、打ち合わせの拘束時間分の時間給が加算されるのです。

『制作基本料金 + 交通費 + (打ち合わせ時間×本人の定めた時間給) = ご請求額』

となるわけです。

更に、最初のオーダーになかった内容が、制作の途中で加えられた場合、その追加分のアイテムなどを描き加える時間については、追加料金を加算することとなります。

イラストと言えど、「拘束時間や作業時間 × 能力や経験」でお給料を頂くというところは、会社勤めやアルバイトと似ていますね。

ですので、細かい描写のあるイラストや、背景イラストなど、制作に時間がかかるようなイラストの場合は、その分料金が増えていくわけです。

 

予算が限られている場合は?

 

イラスト発注に慣れている出版社さんなどからのご依頼は、このケースが多いです。
この場合は、先に解説した制作基本料金の計算法から、

『ご予算 ÷ 時間給/日給 = 制作にかける作業時間』

という計算方法で、イラストレーターはご予算に合わせた作業量のイラストを描きます。

 

アトリエもみじでは、イラスト・デザイン制作を承ります。

オーダーによるイラストやグラフィック制作のご依頼を受け付けております。製作費の目安として料金の一覧も載せています。

おすすめの記事